注目の記事 PICK UP!

csvの表示cgi

kiji1

csvデータがカンマ区切りと思って簡単にデータをSQLにインポートするとドツボにはまることがあります。
データベースとcsvの列の数が合わないとエラーが出るですが、それでMysqlからエキスポートするとなんとデータがコロン(;)で区切られた上にデータ自身がダブルコーテーションで囲まれていて、データの加工にUTF-8がメモ帳でうまくいかないので秀丸とかエディターで操作しても結局はうまくいかない。
多分、1列目のからデータがカンマ(.)抜きで保存されていることが多く、結局はインポートするときにオプションで区切りをカンマでデータの囲みのダブルコーテーションを外すだけでOKということがあります。
最悪なのはわざわざデータ区切りや囲みを変えるソフトをダウンロードすることです。

これは楽天のデータベースをダウンロードして真っ青になることを経験している方は焦ってとんでもないことになることを知っているからかもしれません。
楽天のデータベースはアクセスから吐き出さないと簡単には出来ません。
ただ方法はあります。
さて、それは別としてエクセルで吐きだしたcsvをもう直接に読んでやろうというのがCGIの良い所ではあります。
エクセルで適当なcsvに落として下記のプログラムを設置してみてください。
もちろん755の設定と最後は必ず改行して保存します。

#!/usr/local/bin/perl

#####################

open(db,”<../data.dat”);
@S1=<db>;
close(db);
$counter=0;
##########
@S1 = reverse(@S1);

print “Content-type: text/html\n\n”;
print ” <html><head><title>〇〇〇</title> \n”;
print “</head><body topmargin=0 leftmargin=0> \n”;
print “<table border=0> \n”;
##########
foreach $S2 (@S1)
{
@S3=split (/,/, $S2);
$counter = $counter + 1;
if($counter < 60)
{
if($S3[0] ne ”)
{
print “<tr width=400><td width=140><font size=2 color=red>$S3[0]</font></td><td width=60><font size=2>$S3[1]</font></td><td width=80 align=center><font size=2>$S3[2]</font></td><td width=120><font size=2>$S3[3]</font></td></tr>\n”;
}
}
}
###########
print “</tale></body></html>\n”;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


周南市のホームページ制作会社ウィルコムはあなたのサービスを的確なターゲットに誘導させます

魅力的な動画を制作します
これからのWEB制作はこのサービスを提案します

オリジナルの楽曲を制作します
現在は無料ダウンロード実施中です
>

ホームページ制作現場から「ぶっちゃけシリーズ開始」

お気軽にお問合せ下さい
おおよその金額がわかると思います

ワードプレスのテンプレートを紹介しています
クールなホームページデザインをご一緒に見てみましょう

こんな感じの画面でホームページを制作しています

どんな戦略でどんな会社がどのように闘ってきたか
成功したか破滅したかそんなお話をします

アンドロイドマーケットでは4万件以上ダウンロードされてます

アンドロイドのレッスン場です
その後はベクトルを学習してみてください
PAGE TOP