注目の記事 PICK UP!

乱数の発生

code1

会員システムを作成する場合は暗証番号を決めてもらうのが面倒な場合があります。
半角英数の0~9、A-Z、a-zの文字列を自動的に生成します。
例の場合は6文字を発生します。

<?php
define(‘STR_CODE’,’utf-8′);
for ($i = 0, $str = null; $i < 7; ) {
$num = mt_rand(0x30, 0x7A);
if ((0x30 <= $num && $num <= 0x39) || (0x41 <= $num && $num <= 0x5A) || (0x61 <= $num && $num <= 0x7A)) {
$str .= chr($num); // 文字コードを文字に変換
$i++;
}
}
?>
<input type=”hidden” name=”pass” value=”<?php echo $str;?>”><?php echo $str;?>
又は
<input type=”text” name=”pass” value=”<?php echo $str;?>”>

単に乱数は次のように発生させます。
rand(min,max)
ある日からある日までの日にちを乱数で発生させたい場合は

<?php
date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’);
$kaishistamp = mktime($hour,$minute,1,$month,$day,$year);
$endstamp = mktime($hour2,$minute2,1,$month2,$day2,$year2);
$randday = rand($kaishistamp, $endstamp);
$hiniti = date( “Y/m/d” ,$randday);
?>
のような感じになります。
時間と分に特に意味を持たない場合は適当な数字を書き込みます。

流れとしてはHTMLのフォーム

<select size=”1″ name=”year”>
<option value=”2016″>2016</option>
<option value=”2017″>2017</option>
</select>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

$y = $_POST[‘year’];
$m = $_POST[‘month’];
$d= $_POST[‘day’];

をPHPで受け取った後の処理になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. hp2

    ファイルのアップロード(2)

  2. code2

    ファイルのアップロード


周南市のホームページ制作会社ウィルコムはあなたのサービスを的確なターゲットに誘導させます

魅力的な動画を制作します
これからのWEB制作はこのサービスを提案します

オリジナルの楽曲を制作します
現在は無料ダウンロード実施中です
>

ホームページ制作現場から「ぶっちゃけシリーズ開始」

お気軽にお問合せ下さい
おおよその金額がわかると思います

ワードプレスのテンプレートを紹介しています
クールなホームページデザインをご一緒に見てみましょう

こんな感じの画面でホームページを制作しています

どんな戦略でどんな会社がどのように闘ってきたか
成功したか破滅したかそんなお話をします

アンドロイドマーケットでは4万件以上ダウンロードされてます

アンドロイドのレッスン場です
その後はベクトルを学習してみてください
PAGE TOP