注目の記事 PICK UP!

楽天の商品画像登録ガイドライン

楽天での商品画像の1枚目の登録にテキスト、枠、背景と制限がかかるようになりました。
当社では「トラフグキング」というショップを楽天で始めました。
商品画像に関してとこのURLでご確認ください。
全てが適合の画像です。

楽天RMSで商品画像を登録した際に「画像判定ツール」を起動すると上の写真のようにテキスト、枠、背景に◎×-という3つの判定が出てきます。
現在では多くの店が従来通りの商品画像ですので、適合でない画像はおそらく1999年の始めのころには検索にも出てこないようになるでしょう。

背景は白抜きが推奨されていますので、凝った背景や固定した例えばピンクの背景は撮影の際には画像判定ツールとの相性を考える必要があります。
背景を撮影キットの有色にするのはまず避けるべきですし、もちろん有色のグラデーションもno goodです。
また、背景の備品などで枠があるのはよくないと思われます。

上の画像では背景がある場合と背景を白抜きにした場合ですが全てを◎にするにはある程度の調整が必要となります。

ようはSNSで共有してもらえそうな画像を楽天のガイドラインに沿って制作することが重要だと思われます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 楽天・Yahooなどで包含に拘らないこと

  2. 楽天での売り方

  3. 楽天こぼれ話

  4. 赤と青の色の使い分け、黄色も登場

  5. facebookとロングテール

  6. 楽天とYahooなどECの原価

  7. Yahooのトリプル、楽天のゴールド

  8. Yahooショッピングのスマホタグ、fontタグが使えない


周南市のホームページ制作会社ウィルコムはあなたのサービスを的確なターゲットに誘導させます

魅力的な動画を制作します
これからのWEB制作はこのサービスを提案します

オリジナルの楽曲を制作します
現在は無料ダウンロード実施中です
>

ホームページ制作現場から「ぶっちゃけシリーズ開始」

お気軽にお問合せ下さい
おおよその金額がわかると思います

ワードプレスのテンプレートを紹介しています
クールなホームページデザインをご一緒に見てみましょう

こんな感じの画面でホームページを制作しています

どんな戦略でどんな会社がどのように闘ってきたか
成功したか破滅したかそんなお話をします

アンドロイドマーケットでは4万件以上ダウンロードされてます

アンドロイドのレッスン場です
その後はベクトルを学習してみてください
PAGE TOP