注目の記事 PICK UP!

ファイルのアップロード(2)

hp2

ファイルのアップロードの修正ですが、もともと画像名はデータベースに登録されています。
このため最初にデータベースから画像名を取得しておく必要があります。
ここではそれを$urlとします。

<input type=”file” name=”upfile” size=”30″ />
アップロード済ファイル<br />
<input type=”hidden” name=”url” value=”<?php echo $url;?>”>

これで準備OKです。
つまりupfileが空なら元の$urlを利用し、空でないならupfileを$urlにすれば良いのです。

if($_FILES[“upfile”][“tmp_name”] != ”)
{
list($file_name,$file_type) = explode(“.”,$_FILES[‘upfile’][‘name’]);
$dateformat=$乱数;
$uploadfile = “$dateformat.$file_type”;
}
////////////
if (is_uploaded_file($_FILES[“upfile”][“tmp_name”])) {
if (move_uploaded_file($_FILES[“upfile”][“tmp_name”], “../files/” .$uploadfile)) {
chmod(“../files/” . $uploadfile, 0666);
echo $_FILES[“upfile”][“name”] . “をアップロードしました。”;
} else {
echo “ファイルをアップロードできません。”;
}
} else {
echo “アップロードファイルは選択されませんでした。”;
}
$url = $uploadfile;
if($url == ”)
{
$url = $_POST[‘url’];
}

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. code2

    ファイルのアップロード

  2. code1

    乱数の発生


周南市のホームページ制作会社ウィルコムはあなたのサービスを的確なターゲットに誘導させます

魅力的な動画を制作します
これからのWEB制作はこのサービスを提案します

オリジナルの楽曲を制作します
現在は無料ダウンロード実施中です
>

ホームページ制作現場から「ぶっちゃけシリーズ開始」

お気軽にお問合せ下さい
おおよその金額がわかると思います

ワードプレスのテンプレートを紹介しています
クールなホームページデザインをご一緒に見てみましょう

こんな感じの画面でホームページを制作しています

どんな戦略でどんな会社がどのように闘ってきたか
成功したか破滅したかそんなお話をします

アンドロイドマーケットでは4万件以上ダウンロードされてます

アンドロイドのレッスン場です
その後はベクトルを学習してみてください
PAGE TOP