文章力を鍛えよう!

娘の結婚式からやっと、相手側からDVDが届いた。

礼状を書かなくてはいけない。

--
娘のぎこちない三々九度の写真を見て、彼女が幼い時に初めて乗ったブランコや自転車のシーンが思い浮かび、ゆっくりと目を閉じました。

--
長いセンテンスは途中で切ることができからやってみよう。

--
娘のぎこちない三々九度の写真を見ました。
彼女が幼い時に初めて乗ったブランコや自転車のシーンが思い浮かびました。
ゆっくりと目を閉じました。
--
文書はおそらく長短でも感じ方が違う。
長い方が思いが伝わる場合がある。
例えば、お客様の声は話し言葉としてとらえたら、日常会話のように長くなるのが普通だろう。
改行も入れずに「お客様の声」は長くして感情の波を起こさせる。
「商品説明文」は短く切って、ひとつひとつをインプットさせる。

チラシを作る場合は少し考慮したほうがよいかもしれない。